KWAIDAN EDITIONS 発売開始

2018-03-02 12:44:20 +0000



日頃よりご愛顧いただき誠にありがとうございます。

3/3(土)より、ADELAIDE/ADDITION ADELAIDE両店舗にて、新ブランド KWAIDAN EDITIONSが発売開始いたします。

今シーズン日本初上陸にして、日本国内唯一の取扱店となります。




 

KWAIDAN EDITIONS

London
Designer : Lea Dickely / Hung La

Shop : ADELAIDE / ADDITION ADELAIDE


KWAIDAN EDITIONS(カイダン エディションズ)の名前は日本語の“怪談”、また1964年に放映された小林 正樹による同名のオカルト映画から取られている。
怪談というカルチャーと風変わりなマテリアルを合わせることで、映画の異様で超常的な雰囲気を呼び起こしている。
KWAIDAN EDITIONSは2016年に設立され、
我々の生きる現在を映すコレクションを発表し、その過程として、怪奇話における不気味さや幽霊などを再解釈している。




KWAIDAN EDITIONSはフランス人デザイナーLea Dickely(34)とベトナム系アメリカ人デザイナーのHung La(39)によって設立。
二人はアントワープ王立芸術アカデミーで出会い、2008年から2009年にかけて卒業。
パリに4年滞在したのち、現在はロンドンを拠点に活動している。
Lea DickelyはプリントスペシャリストとしてRick Owens, Alexander McQueen, Thomas Noclercqなどと働いた経験がある。
Hung LaはBalenciagaやCelineのアトリエでウィメン
ズデザイナーとして活躍した。



<2018 Spring/Summer>
KWAIDAN EDITIONSのSS18はデビューシーズンであるFW17に引き続き”preternatural world = 世にも不可思議な超常現象の世界観”を元に、それに対するシーンやシナリオから発展されたクリエーションになっている。
コレクションはミステリアスな雰囲気とそのビジュアルで表現し、2つのコレクションで1つのストーリーとして構成されている。
デザイナーデュオのLea DickelyとHung Laは冷酷で厳しい獣のような”ブルータリズム”(*下記参照)と、70年代の家庭に見られるようなカラフルなインテリアをインスピレーション源とし、その”キッシュなプリント=ちょっと下品で安っぽい”を施した素材を使って洋服に落とし込んでいる。

*1950年代に見られるようになった建築の形式で、荒々しさを残した打放しコンクリート等を用いた彫塑的な表現主義




KWAIDAN EDITIONSの世界観は奇妙でありながら感情的な要素、すなわち“Uncanny=異様さ”というモヤモヤとした気持ち悪さを呼び起こし、そしてその美学は表現的な物と沈黙、つまり荒々しい殺伐とした風景や華やかなインテリアの中に潜む穏やかさなどの既存とはかけ離れたクラシックなセンスにおける相対的な葛藤=”内観インテリアと外観”、”ハードとソフト”、”マスキュリンとフェミニン”、”精神と肉体のように表現されている。



当日はコレクションで印象的だったウェアを中心に多数取り揃えておりますので、この機会に是非ご来店ください。

  • <問い合わせ先>

    ADELAIDE / 03-5474-0157

    ADDITION ADELAIDE / 03-5786-0157